Sample

DTXいじり

ラルク等、ロック曲をメインにDTXManiaの譜面を製作してます。
MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記

「GDP WIN」を買ったのでいろいろ試してみた

gdp win 2
クラウドファンディングにて開発資金を募り、見事に実現となったUMPC「GDP WIN」。
超小型ながらモバイル端末向けの最上位クラスCPUを積み、メモリ4GB、内蔵SSD64GB、OSはWindows 10、さらに物理キーボード、ゲームパッドが付いたかなりパワフルなマシンです。
(詳しい説明は省略しますが、GDP WIN WIKIなどに書かれているので気になる人は見てください)

そんな好事家の間で話題になっているUMPCを購入したので、いろいろと試してみたいと思います。

・まずは外見を見てみる
gdp win 1
外形寸法はニンテンドー3DSLLとほぼ同じ大きさです。

gdp win 3
ゲームパッドと英字キーボードが付いています。
上部中央のスイッチを切り替えることで、操作方法を切り替えます。

gdp win back
後部側面にはR1・R2、L1・L2ボタンと各種インターフェースが有ります。

gdp win 5
背面にはファン速度切り替えスイッチが付いています。右下の円形の穴が吸気口になっています。

hikaku.jpg
PS VITAと並べてみるとこんな感じ。
PS VITAは5インチ・解像度960x544に対し、GDP WINは5.5インチ・1280x720とサイズも解像度も大きめです。


・BIOSを確認
bios.png
BIOSは12/23/2016のものが入っていました。
購入前に調べた情報だと最新のBIOSは11/18/2016となっていたので、さらに更新がかかったようです。
ちなみにCPUは「Atom x7-Z8700」です。


・DTXManiaをプレイ
gdp_dtx_1.jpg
OSがWindows 10なのでたぶん動くだろうと思っていましたが、案の定何の問題もなく動きました。
動作中に処理が重くなることもないです。

gdp_dtx_2.jpg
物理キーボードも付いているので、一応キーボードで遊ぶことも出来ます。
ただキーサイズが小さくキーピッチもゼロなので、ドラムパッドのキー配置をうまく変更しないとプレイは無理です。(あとキーボードの耐久性が心配)
「もしやJoyToKeyを使えばキーボードの代わりにゲームパッドが使えるのでは」と思って試してみましたが、DTXプレイ中はJoyToKeyが無効化されてしまって無理でした。

本気でプレイするには気概が要りそうですが、それでも携帯ゲーム機サイズでDTXがプレイできるというのは史上初ではないでしょうか。


・PCSX2(PS2エミュレータ)をプレイ
pcsx23.png
手元にあったFF12を動かしてみました。
PCSX2の詳しい説明は省略しますが、設定は「スピードハック」だけ有効化にしてその他は変えていません。
画像を見てもらうと分かるように、普通にfps(フレームレート):60出ました。驚きです。
まぁ完璧にではなく、場面によって処理がもっさりしたり音飛びしますが、許容範囲内だと思います。
細かい設定をいじっていけばもっと快適にプレイできるかもしれませんね。
これで寝っころがりながらFF12がプレイ出来る。ヽ(゚∀゚)ノ ♪


・SteamのPCゲームをプレイ
Steamのゲームについてはいろいろと動作報告が出ていますが、実際のところどのくらい快適なのか、fps(フレームレート)を気にしながら人柱的に何タイトルか検証しました。
(解像度設定はすべて1280x720です。)

1.バイオハザードリベレーションズ
bio1.png
プレイ中fps:19~30

2.Borderlands 2
bl1.png
プレイ中fps:18~30

3.DMC Devil May Cry
dmc1.png
プレイ中fps:18~30

4.LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY13
lightning2.png
プレイ中fps:16~30

5.Portal
portal1.png
プレイ中fps:49~60

6.Alan Wake
alan1.png
プレイ中fps:12~25

7.ラストレムナント
tlr1.png
プレイ中fps:20~30

8.Devil May Cry 4 Special Edition
※スクリーンショット取り忘れました。
プレイ中fps:15~24

1.バイオハザードリベレーションズ、2.Borderlands 2、3.DMC Devil May Cry、7.ラストレムナントは、まれに重いなと感じるくらいで、
かなり快適に動作します。
4.LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY13は、すこしもっさりしていますが、RPGなこともあってかそれほど気になりません。
5.Portalは言うことなしです。完璧。
6.Alan Wake、8.Devil May Cry 4 Special Editionさすがに気になるレベルで重いです。

上記タイトルの快適さを私見でランク付けすると
①Portal
②ラストレムナント
③Borderlands 2
④バイオハザードリベレーションズ
④DMC Devil May Cry
⑥.LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY13
⑦Alan Wake
⑦Devil May Cry 4 Special Edition

という感じです。
もちろん解像度を落とすなどのゲームの設定次第で快適さが変わってくるので、そのあたりはいろいろと試す価値は有ります。

ちなみに「Devil May Cry 4 Special Edition」ではなく、無印「Devil May Cry 4」(SteamではなくWindows版)の体験版があったので、
試してみたら、そっちはfps:45~60出ました。
GDP WINでDMC4がどうしてもプレイしたいという方は、Windows版を買うのも手かもしれませんね。



・Netflixで動画を視聴
gdp_netflix.jpg
Netflixも当然見れます。
画面がサイズが寝っころがりながら見るには、おあつらえ向きですね。


というわけで、思った以上に隙がない、すごいマシンでした。
強いて弱点を挙げるなら「排熱」で、今の時期でも使っていると本体が結構熱くなるので夏が心配です。
それでも、十二分に使える端末であることは間違いないと思います。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://dtxiziri.blog.fc2.com/tb.php/84-eb0b7780
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。